事業は役割分担

会社の先輩?と話していて、
つくづく事業は役割分担なんだと思いました。

どちらか手を抜いたらソファーは動かせない。

 
どんな仕事でもひとりですることは難しいと思います。

それが事業となればなおさらです。

 
その際にチームで働く限りは俗にいう
上下関係みたいなものがあるケースが殆んどかと思います。

ただこれは上下関係ではなく、役割分担なんだと。

 
俗にいう「上の人」は事業の全体観を広く把握するという仕事をしていて、
現場?の人は目の前の仕事を遂行するという仕事をしている。

それだけなんだと思います。

 
昔、私が尊敬する人は

「上下関係は考えていない、全員ビジネスパートナーだと思っている」

といっていました。

 
自分が見えていないところを他のメンバーが見えていて、
それを保管しあえたりさらに掛け算にすることができるからこそ
チームでいる意味があると思います。

それは立場が違っても同じで、
どちらがいい悪いの話ではないのだと感じました。

 
逆に言えば、だからこそ一人ひとりが全力で取り組まないと
事業が失敗する確率は上がるんだろうとも感じています。

カフェ開業時には全員が自分の役割を把握し、
その役割を全力で遂行できるようなチームを作れればと思います。

One Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です