コーチングと環境の違い

昔とコーチングのやり方を少し変えなければいけないかな、
と最近思っています。

 
最近いろんな人と仕事をしていて、
自分が何かを伝える必要があるケースが多いです。

そこで、昔習ったコーチングのステップを使ってはいるものの、
「見せる」の部分がアルバイトの時より難しいなあと感じています。

 
なぜなら一度見せてしまうと、「実行させる」のステップで
本人にやってもらう機会が少ないからです。

大きなプロジェクトほどそうなのかもしれません、
すぐにやってもらうことが出来ないのがもどかしくもあります。

 
ですが、「見せる」部分を減らすのも
最後の結果の部分を考えると違う気もしています。

結局、本人が成長してくれることが
私としての結果になるからです。

「見せる」部分を減らして、
本人が成長してくれるとはなんとなく思えない自分がいます(苦笑)

 
どれが正解かは正直今の段階では分からないですが、
『同じ方向を向いて、一緒に結果を求めていく』
という姿勢は忘れたくないと思っています。

 
カフェ開業までに自分なりの答えを探していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です