事業の成長と人材の良さ

事業の成長と人材の良さはほぼイコールであると
よく言われているかと思います。

それ自体は私もそう思うのですが、
事業の成長のために人材をどうするか、
という点で最近思うことがありました。

 
端的に言うと、
会社が求める人材になりなさい
という流れになっている気がします。

事業の成長のためには、こういう人材が必要だから
そういう人になってください、ということです。

 
経験がある人たちが「こういう人材が必要」と考えているのであれば、
確かにそれはそうかもしれません。

しかし、それだけで事業の成長ができるかは
個人的には疑問です。

今までのいろいろな事象があってこういう話になっているのだと思うのですが、
同じような考えの人が集まる組織はほぼ無いと思います。

その中で、必ずどこかでぶつかったりすると思います。
しかし、それが逆に良いこともあると思います。

 
大切なことはお互いが分かり合おうとすることなんだと考えています。

そしてさらには、分かり合うためのそこの場所には
上下関係があってはいけないのだと思います。

 
私の考えが甘いのかも知れません。

まだ甘いかどうかも分からないので、
今後自分なりの結論を探していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です