中国産珈琲

少し前、いやだいぶ前?

下北沢のとある喫茶店で、中国は雲南省産の珈琲をいただきました。

ケータイに自分でメモった情報によると、その珈琲は「あっさりしているが華やかな香りが楽しめる。ただ少し酸味が…」だそうです。

おしゃれなお店だったので、自分のコメントも少し気取っているようですが(笑)、でも爽やかで華やかな風味をもつ珈琲だったことは今でも覚えています。 名古屋に引っ越した今、そのお店になかなか行けないのが少し寂しい…

珈琲は何も中南米やアフリカ・中近東・東南アジアだけのものではないようですね。以前はるが書いていたように、この日本にも(沖縄に)コーヒー農園はありますし。

将来開業したとき、コーヒーの調達にはぜひとも広い視野をもって臨みたいものです。

期限切れのハーブティーも意外においしいと感じつつ、そろそろ完飲しそうな、しげでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です