おいしいコーヒーを入れるための4つの基本

前回、毎日のようにカプチーノを作っているという話を書きましたが、
ブランクも結構あることに気づいたため(苦笑)、
今一度おいしいコーヒーの作り方を勉強してみました。

 
スターバックスのホームページに、
おいしいコーヒーのいれ方が載っています。

スターバックス コーヒー | コーヒー器具・いれ方

 
ここにある「4つの基本」について、
家庭用エスプレッソマシーンで私がどうやりくりしているかをご紹介します。

 

4つの基本

分量

スタバのホームページでは、『180mlの水に対して10gのコーヒーの粉』とありますが、
今回はエスプレッソマシーンのため、適用できません。

前に買った、エスプレッソアクセサリーキットについていた計量カップを使って
コーヒー豆を入れていますが、分量は忘れてしまった為に適当です(汗

 

挽き具合

コーヒーミルをもっていないということもあるのですが、
豆を挽くこと自体は豆を買う店舗でやってもらいます。

家庭用のコーヒーミルだと逆に、
ちゃんと均等に豆を挽けないことがあると考えているからです。

 

『不純物のない新鮮な水、できれば軟水を使いましょう。』とあるのですが、
最初は水道水を使っていました(汗

ですが、何度も作っているうちにやっぱりもっとうまく作りたくなって、
ミネラルウォーターを使い始めました。

私でも味の違いがわかるぐらい変化があると思うので、
これはオススメです。

 
ちなみにAmazonで「森の水だより」は
軟水と書いてあったのでこれを使っています。


※Amazonのサイトへ飛びます。

 

鮮度

『コーヒーをいれる直前に豆を挽くのがベスト』とあるように、
毎日飲むとはいえ少しずつ豆を買うようにしています。
※上記の通り、家で豆を挽かないため。

たくさん買っても一気に使えないので、
どんどん鮮度が落ちていってしまうからです。

 
個人的に感じていることは、
やはり家庭でおいしいコーヒーを作るには「鮮度」が難しいなあと思います。

やっぱり挽きたてで作るコーヒーが一番美味しいですね。

ラッセルホブスのオートオフ機能付きのコーヒーメーカー

ラッセルホブスがオートオフ機能付きのコーヒーメーカーを発売したそうです。

ラッセルホブス - Russell Hobbs - 商品一覧
ラッセルホブス – Russell Hobbs – 商品一覧

 

電源を入れてから2時間後には自動的に本体の電源が切れるオートオフ機能を搭載したコーヒーメーカー。

ずっと電源を入れておくと、
コーヒーが煮詰まってしまうのでこれは便利な機能ですね。

 
話は変わってしまうのですが、
ラッセルホブスのサイトに行ったところ、丸山珈琲さんが紹介されていました。

丸山珈琲のコーヒー豆をどのようにいれれば美味しく飲めるかも書いてありましたので、
興味がある方は是非。

 

デロンギのエスプレッソマシーンがディスカウント

アメリカのアマゾンで
デロンギのエスプレッソマシーンがディスカウントされていました。

 
実際は140ドルのところを93.39ドルで
46.61ドルディスカウントされています。

日本のアマゾンでもディスカウントされていますが、
これがニュースになっているところが面白いな、と思いました。

 
日本のAmazonのコーヒーメーカーの中で
ディスカウントされている情報だけがわかるページとかあれば便利だな、
と思う今日この頃です。

 

 

4日間大陸横断出張…番外編。

まだVol.1しか書いてないのに、早くも番外編です(笑)。

ここは”カフェ”または”Cafe”または”喫茶店”のBlogということで、それらしいことをメインに書きたいなと。

さて、前置きが長くなりましたが・・・

アメリカへ発つ朝、飛行機好きな自分にはピッタリの、もう本当にピッッッタリのカフェを搭乗ゲート横に見つけました。

名前は”AVION“。

お店の外観は撮り忘れたんだけど、そのお店からはこんな景色を眺めることができます。

(たしか)フランクフルト行きのLufthansa。    

Cargo専用TerminalへタキシングするJAL CARGO。

この飛行機の向こう側は滑走路で、僕がこのお店にいる間も、何機もの飛行機が轟音を響かせながら厚い雲の向こうへ飛んで行きました。出発前にテンションが上がるお店です。

しかも!このお店、エスプレッソマシーンが、僕らも慣れ親しんだ”LA MARZOCCO”なんです。そんなことでもテンションが上がったりして。

この日いただいたのは、モーニングセット・・・といっても名古屋エリアで出しているようなメニューとは大違いです(笑)。クロワッサン・半熟トロトロのスクランブルドエッグ・プリップリのウィンナー・そしてコーヒー。しめて800円。まあちょっと高い気もするけど、テンション・ロケーション・シチュエーション考えたら妥当かもね。

店内のスクリーンでは”PIRATES OF THE CARIBBEAN -DEAD MAN’S CHEST-“を上映していました。

またSTAR ALLIANCE系のエアラインで成田から海外へ行くことがあれば、ぜひともここで出発前の時間を過ごしたいと思います。

しげでした。

p.s. ちなみにこの日、世界最大の旅客機、AIRBUSのA380が同じターミナルに駐機していました。エアラインは毎年のように機内サービスや安全性でNo.1に輝くSINGAPORE AIRLINES。これでヨーロッパとかアメリカに行きたいものです。では。

Brunopassoというエスプレッソメーカー

「エスプレッソ」というワードでおもむろに検索していたら
Brunopassoというエスプレッソメーカーが出てきました。


deviceSTYLE Brunopasso ポッド エスプレッソマシン ダークブラウン PD-1-BR

 
デザインがよかったので調べてみたのですが、
これもカフェポッドというパウダー状に挽いてあるコーヒー粉
一杯分がパックされたものを利用する形のようです。

これはネスプレッソと同じタイプですね。

 
値段は四万円程度ですが、
(ミルクを温めるための)スチームノズルもついてこの値段なので
結構いいかもしれません。

 
インテリアにもなりそうなので、もう少し詳しく調べてみます。

1 / 512345