カフェ開業に必要なものは大体ネットで買えた

前回、業務用浄水器はネットで買えるということを書きましたが、
よくよく思い返してみると今使っているものはほとんどネットで買っていました(苦笑)

MONINシロップ

 
シロップとして使っているMONINもIHもミルクパンも
みんなネットで(もっというとAmazonで)買っていました。

 

モナン ピーチ・シロップ 250ml


Panasonic IH調理器 ホワイト KZ-PH31-W


月兎印 ミルクパン14cm レッド 050-06612

 
Amazonというと本のイメージが強いですが、
今はトイレットペーパーなどなんでも買えてしまうのでホント便利です。

業務用浄水器はネットで買える

今の鎌倉カフェは元々あったカフェを改装する形で始めさせて頂きました。

改装作業中の風景

 
そのためもともと水まわりなど必要なものはほぼ揃っていたのですが、
長い間使われていなかった、交換する必要があるものがもろもろありました。

その中の一つが浄水器。

 
で、いろいろ調べていたらネットで買えることがわかりました。


TOTO 浄水器ビルトイン型用カートリッジ TH634-1【鉛・トリハロメタン除去タイプ】

 
しかもAmazon安い・・・

配送も現地に指定すれば届けてくれるのですごい便利でした。

世界の酒蔵から⑤ -DUCHESSE DE BOURGOGNE-

すっかりご無沙汰しておりました。このシリーズ。

前回は第4弾として、インドビールについてツラツラと書きました。

が!その後、実にいろいろなことがありまして・・・

実は勤務先で人事異動がありまして、3年と3ヶ月ほど過ごしました名古屋から、横浜の方へ帰ってきたのです。新しい部署の主な取引相手国は何とインド(笑)。何かの前触れだったのでしょうか・・・そんなことはないか・・・

町田に実家があるから、一瞬だけ実家に戻ることも考えましたが、結局今川崎市高津区で一人暮らしをしております。溝の口の一つ東京側。

そんなわけで、今回紹介させていただきますビールは、その溝の口にあるバーでいただいたビールでございます。

何て読むでしょう?ドゥシェッセデブールゴグネ・・・ぶー(笑)。

「ドゥシャス デ ブルゴーニュ」、と読みます。バーテンダーの方は名前を言いながらサーブしたんでしょうが、聞き取れなかった・・・裏に貼られた輸入業者による日本語のラベルを見て理解しました。

表のラベルも、大半のビールとは趣が異なります。”ドゥシャス”とは「侯爵夫人」という意味があるそうで、ブルゴーニュ公国のメアリー侯爵夫人にちなんだビールなんだとか。その方をモデルにした絵画のようなラベルです。

バーテンダーによると、これはなんでも、ワイン樽で醸造したビールなんだとか。たしかに、言われて見ると、武道・・・じゃなくて葡萄の風味を感じました。そして一旦葡萄と思ってしまうと、寧ろもう味濃い目のスパークリングワイン(赤)としか思えない・・・みたいな。

見た目も赤ワインのように赤みがかった色をしています。

ワインのような渋みや甘味、そして華やかな香りを感じ取ることができました。

さらに突き詰めると(?)、カシスのような(というかどこかで食べたカシスシャーベットみたいな)、プルーンみたいな、そんな風味がします。

このワイン・・・じゃなかったビールには、肉肉しい料理がぴったり合いそうです。ということで、ベーコンステーキなるものがありましたのでいただきました。

んもう。わお。

チョコレートも合いそうですね、このビールなら。

会計金額にメンタマが飛び出そうになりましたが、美味しかったので、また他のお店で飲んで見ようと思いました(笑)。

しげでした。

BAR ZAZA[バーザザ](神奈川:横浜-青葉台)

しげがこの記事を書くのが適任だとは思ったのですが、
先に書いてしまいます(笑)

東急田園都市線の青葉台駅にある
BAR ZAZAに行きました。

ZAZAのテーブルに置いてあるランプ

地ビール

 
青葉台駅で集まったときには
かなりの確率でお邪魔させていただいています。

以前しげが書いていますが、
オムライスやバハロールがあったり、バーですが食事をすることもできます。

 
場所はマンションの一角のようなところにあり(1階)、
店内は20名で一杯になるぐらいの大きさでしょうか。

カウンターとテーブル席両方共あります。

 
お店の方にはいつも良くしていただいています、
行き過ぎという話もあるのですが(笑)

遅くまでやっていますので、
終電を気にしなくてよい方で飲み足りない方などは是非。

 

 
【2010/07/22:追記】
OZmallの特集にZAZAが掲載されていました.

OZmallのBAR ZAZA[バーザザ]掲載記事

 
すごく嬉しいです(笑)

KEEL’S BAR HOUSE AOBADAI(神奈川:横浜)

突然ですが、実はこのトキワ荘の住人といいますかメンバーで、僕とはるとnoelは他の友人と合計7名(多いなぁ(笑))で、”the third place”なるバンドを組んでおります。

 

初めてライヴをしたのが2006年で、それからメンバーの脱退復帰入れ替わり等あって今のメンバーに落ち着きました。

 

ちなみにトキワ荘の住人で言いますと、

はる: ベース(がメイン)

noel: キーボード

しげ: ドラムス

をそれぞれ担当しています。

 

2008年くらいまでは町田のスタジオACTで練習→向ヶ丘遊園の、今は無き”ライヴスペースIMU”でライブだったんですが、バンドメンバー全員のホームタウンと言っても過言でない青葉台にスタジオRoseができてからというもの、Roseで練習→町田のライヴハウスでライヴをしております。ついこの前の2月にも、町田のA to Zというライヴハウスでライヴをしました。

 

まあライヴといっても全てコピーなのですが・・・メンバーがやりたい曲をそれぞれ持ち寄って、セットリストを組んで、今では年に2回ライヴをするようになりました。

 

んで、そのRoseの近所に、「マヒナビーチ」というハワイアンテイストのバーがありました。このブログでも何度か登場していますが、お店の雰囲気がよく、店員さんも気さくで、よく練習後等に通ったお店です。

 

しかし、大変残念ながら先月閉店してしまいました。

 

跡地はどうなるんだろう・・・と気になってたんですが、この前のG.W.のときに前を通りかかったら、既に次のお店がオープンしていました(笑)。早いなぁ!

 

それがKEEL’S BAR HOUSE AOBADAI。

まだ前を通りかかって、声をかけてくれた店員さんと二言三言話しただけですが、このお店もなかなかよさそうです。

 

前はハワイアンでしたが、このお店はフランスを中心としたヨーロピアンな料理などいただけるらしい・・・そして輸入ビールを幅広く取り揃えているらしい・・・さらに横浜の地ビールも取り揃えているらしい・・・ビールがテーマといっても過言ではない?!

 

これは楽しみなお店の登場です!

 

元々は新橋にお店を構えていたようですが、再開発で立ち退きを余儀なくされ、流れ着いた青葉台で、一回り大きくなって新装開店と相成ったようです。

 

ここで飲んでる光景がカンタンに想像できます。ライヴのアレコレを打ち合わせたり、全然関係ない話で盛り上がったり・・・素敵な楽しみがまた一つ増えました。

 

世界の酒蔵からシリーズも着実に続けられそうです!

 

通いすぎてオサイフ的に厳しくならないようにしなきゃ。

 

入店したらまたこのブログでレポートしようと思います。

 

ドラマーの、しげでした。

KEEL’S BAR HOUSE AOBADAIの食事

1 / 41234