おいしいコーヒーを入れるための4つの基本

前回、毎日のようにカプチーノを作っているという話を書きましたが、
ブランクも結構あることに気づいたため(苦笑)、
今一度おいしいコーヒーの作り方を勉強してみました。

 
スターバックスのホームページに、
おいしいコーヒーのいれ方が載っています。

スターバックス コーヒー | コーヒー器具・いれ方

 
ここにある「4つの基本」について、
家庭用エスプレッソマシーンで私がどうやりくりしているかをご紹介します。

 

4つの基本

分量

スタバのホームページでは、『180mlの水に対して10gのコーヒーの粉』とありますが、
今回はエスプレッソマシーンのため、適用できません。

前に買った、エスプレッソアクセサリーキットについていた計量カップを使って
コーヒー豆を入れていますが、分量は忘れてしまった為に適当です(汗

 

挽き具合

コーヒーミルをもっていないということもあるのですが、
豆を挽くこと自体は豆を買う店舗でやってもらいます。

家庭用のコーヒーミルだと逆に、
ちゃんと均等に豆を挽けないことがあると考えているからです。

 

『不純物のない新鮮な水、できれば軟水を使いましょう。』とあるのですが、
最初は水道水を使っていました(汗

ですが、何度も作っているうちにやっぱりもっとうまく作りたくなって、
ミネラルウォーターを使い始めました。

私でも味の違いがわかるぐらい変化があると思うので、
これはオススメです。

 
ちなみにAmazonで「森の水だより」は
軟水と書いてあったのでこれを使っています。


※Amazonのサイトへ飛びます。

 

鮮度

『コーヒーをいれる直前に豆を挽くのがベスト』とあるように、
毎日飲むとはいえ少しずつ豆を買うようにしています。
※上記の通り、家で豆を挽かないため。

たくさん買っても一気に使えないので、
どんどん鮮度が落ちていってしまうからです。

 
個人的に感じていることは、
やはり家庭でおいしいコーヒーを作るには「鮮度」が難しいなあと思います。

やっぱり挽きたてで作るコーヒーが一番美味しいですね。

ハンドプレッソ – 携帯できるエスプレッソマシーン

携帯できるエスプレッソマシーンがあるようです。

ハンドプレッソ

 
自転車の空気入れのようなポンプを押して
16バールの圧力を作り、
その後パックになったコーヒーの粉をセットしてお湯を注いでできあがり。

 
YouTubeに作る工程の動画がありました。

 
この動画、なぜ山の中でエスプレッソを作るという設定なのか、
すごく気になるのですが(笑)

 
値段は99ユーロ、
通常のエスプレッソマシーンを置くスペースが
家にない方にもいいかもしれません。

 
Handpresso
Handpresso HP

 

どこでも美味しいエスプレッソが飲める「ハンドプレッソ」(動画)
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2951.html
(Gizmodo Japan)

【2008/01/24:追記】
ハンドプレッソに関して詳しい記事がありました。

Unboxing Handpresso - The Coolest Espresso Gadget
Unboxing Handpresso – The Coolest Espresso Gadget(英語)

 
英語のサイトですが、
写真がたくさんあってハンドプレッソがどういうものか
ある程度分かると思いますので、興味がある方は是非。
 

一人用コーヒーメーカー GAMAGA

一人用のコーヒーメーカーがまた紹介されていました。

コーヒーメーカーボトルGAMAGA

 
上部がドリッパーになっていて、
そこにコーヒー豆を入れ、お湯を注いで
直接カップにコーヒーを入れるタイプのコーヒーメーカーのようです。

色は6色あり、容量は約400ml。
値段は3,400円(税込)なので、興味がある方は見てみてください。

 
コーヒーメーカーボトルGAMAGA / シノスカイデザイン
コーヒーメーカーボトルGAMAGA / シノスカイデザイン

 

独り者用コーヒーメーカー
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2852.html
(Gizmodo Japan)

コーヒーメーカーと値段

家庭用でどのコーヒーメーカーがいいか、
実際に調べた方の話が記事にありました。

 

ZOJIRUSHI ZUTTO シリーズ コーヒーメーカー珈琲通 シルバー EC-DA50-SA

 
結果からいうと、
この象印 ZUTTO シリーズ コーヒーメーカーが良かったそうです。

他もいろいろなコーヒーメーカーを試したということでしたが、
1番おいしかったのが、このコーヒーメーカーで
次においしかったのが、試した中で一番高かったものだったそうです。

 
このコーヒーメーカーは5000円程度で、
お手軽でいいですね。

どうやら高いコーヒーメーカーが必ずおいしい、
という訳ではなさそうです。

 
コーヒーメーカーは結構高い買い物になりますし、
どれがいいのか簡単に試せないことが多いと思います。

こういった記事で実際に使ったことを
言及してくれるとすごく助かります。

 
ところでこの記事は
男性が朝食をどうやってつくればいいか、ということが書いてあります。

コーヒーメーカー以外にもいろいろな便利器具についてかいてあるので、
興味がある方はご参照ください。

 

象印の安価なコーヒーメーカーが一番男の朝食はコーヒーの延長線上で作れ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071207/1005127/?P=1
(日経トレンディネット)

女性向けコーヒーメーカー

女性向けコーヒーメーカーが発売されるそうです。

ハリオグラス、カラーで選べる女性向けコーヒー器具「カラードリッパー&ポット」を発売
http://www.mylifenote.net/002/post_2917.html
(マイライフ手帳@ニュース)

ハリオグラスのドリッパー

 
このコーヒーメーカーのコンセプトは、

上等なチョコレートやプチガトー、お気に入りのデザートに似合う、
かわいくて、本物志向の大人の女性のためのコーヒーグッズ

だそうです。

 
最近のコーヒーメーカーもデザイン重視な気がします。

個人的にも、
そのもの自体がインテリアの一部になれる器具を探していきたいと思っています。

1 / 212