組織がうまくいっていないときに助けられる13の心得

先日私が尊敬している方が退社されました。

その方が新しく事業部が立ち上がるタイミングでプレゼンしていた内容が
とても素晴らしかったので書き記そうと思います。

どのようにすれば組織がうまくいくのか

 
その方は、こういう組織になればいいと思っていることを簡単にまとめた、
といっていましたが、私からするとよくこんなに簡潔にまとめられたなァと思っていて、
いまだに思い出しては読み返しています。

新しく事業部が立ち上がるタイミングだけではなく、
なんとなく組織がうまく行っていないときに振り返ってみると
ハッとするものばかりかと個人的には思っています。

ということで、『組織がうまくいっていないときに助けられる13の心得』
という形で紹介させていただきます。

 

  1. 過去を捨て 未来を創造する
  2. 無駄を無くす
  3. 仕事のための仕事は 全てなくす
  4. システム化できるものは 全てシステム化する
  5. 資料を減らし モノを増やす
  6. 確認を減らし 判断と決断を増やす
  7. 報告を減らし 仕組みを増やす
  8. MTGを減らし 雑談を増やす
  9. 自主・自立する仕組みを作り 面談とマネジメントを減らす
  10. 労働を減らし 創造を増やす
  11. 誰もが考える アウトプットして初めて仕事
  12. スケールすることを行い 将来性の無いものをやめる
  13. 全員でやる

 
カフェ開業メンバーは全員こういう意識であればいいなぁと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です