総売上、取引件数、客単価

総売上、取引件数、客単価の3つはバイトをしていたときに、主に見ていたデータです。

よくマーケティングで言われることですが、以下のように数値を分解して考えていました。

売上=取引件数×客単価

しかし、最近この数値に気づいたことがあります。

それは、このデータに人の属性が全くないことです。

どういった人が、どういう商品を、どう思って買ってくれたのかということがわからないのです。

One to Oneマーケティングと言われて久しいですが、
こういったデータをある程度集めないといけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です