人を理解し、土地を理解し、文化を理解する

実際にカフェを開業してみて
サービスを提供するにあたって重要なことは何かをふと思いついたので
備忘録として書いてみます。

代官山公園の景色

 

人を理解する

最初に思ったことはこの「人を理解する」ということ。

サービスを提供する人として、
お客様や一緒に働く人を理解することから全てが始まるんじゃないか
と最近思っています。

来てくれたお客様が期待するものをちょっと超えるサービス。

それはドリンクの質や内装などすべてを含みますが、
それらがちゃんと提供できないと満足感は得られないなあと。

そのラインはその人をしっかりと理解していないと見えなくて、
そのラインがわからないと、それを超えることすら出来ないと。

土地を理解する

次に「人を理解する」ってどういう事だろうと考えた際に出てきたのが、
「土地を理解する」ということ。

お店の前を通り過ぎる方々を見ていて、
なぜこの人達は今この土地にいるのだろうと思ったわけです。

つまりは「人を理解する」ために、「土地を理解する」必要があるんじゃないかと。

文化を理解する

最後に「土地を理解する」ってどういうことだろうと考えると、
最終的には「文化を理解する」ことに落ち着くかと。

大袈裟に言うのであれば日本人とアメリカ人が好むものって違うし、
いろいろな背景もちゃんと知っておかないといけないと思いました。

カフェ開業という意味では文化までいってしまうと広すぎるのかもしれませんが。

 
取り留めもない文章ですが、サービスを提供するものとして
いろいろなことを”理解”しないといけないなーと最近思っています。

One Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です